新着情報

新治療開始 変動型分子標的樹状細胞療法

がん耐性克服の切り札 プルミエールクリニック付属未来研究所開発 変動型分子標的樹状細胞療法 最適化システムを搭載 がんの変異を見逃さないペプチド検出メモリーを応用

がんは免疫から逃れるため、日々変化しています。同様に、がんの目印であり分子標的のターゲットでもあるがんペプチドも
変化し続けています。
従って、同じペプチドのワクチンを用いたままでは、治療に抵抗性が生まれることが問題となってきます。
そこで、プルミエールクリニック未来研究所では、歳月をかけて研究を重ねた結果、自己血液内部に存在するメモリーと
ターゲットとなるペプチドとの反応性を経時的に調べ、その時もっとも有利なペプチドを上位から選ぶ技術を開発しました。

変動型分子標的樹状細胞治療の仕組み